NowLoading...

社内イベント

全体会議や講習会

1年に4回行われる全社員が参加する全体会議社内講習会についてご紹介します!

※コロナの影響で現在は中止しています。

全体会議とは

毎年4回、全社員参加しての全体会議行っています。

全体会議には、社長はもちろん普段お客様先に常駐しているエンジニアの社員も参加します。

お客様先常駐してお仕事するエンジニア勤務先自社とは異なる場所のため、自社との関わり合い少なくなり、帰属意識が失われていき自分はどこの会社の社員なのか不安を抱えてしまうことがあります。

計装エンジニアリングでは、全体会議やその後に行われる任意参加レクリエーションを通して社員同士コミュニケーション図り、帰属意識高めることができます。

全体会議で行われること

全体会議午前の部午後の部二部構成になっています。

午前の部では、社長新入社員挨拶、資格取得者の表彰、ビジネスマナー研修セキュリティ研修など研修が行われています。

また、各部署からの報告連絡社内講習会報告なども行われています。

午後の部では、グループミーティング各社員個別評価面談などが行われています。バーベキューなどレクリエーションが行われることもあります。

社内講習会とは

社内講習会講師となる社員参加者募集して行います。講習会を開けるのは特定社員だけということはなく、社員であれば誰でも講習会を開くことができます。 講習会で行われている内容は、資格取得講習プログラミング講習などIT系知識スキルに関するものやITスキルとは直接関係ない講習もあります。 参加者自身スキルアップ目指し、講師自身持っているスキル知識再確認やその分野でのスキルアップ機会として活用できます。

社内講習会で行われること

資格取得講習

IT関係基礎知識が問われるITパスポート試験、業界入門的試験である基本情報技術者試験など資格取得に向けた講習が行われています。講習には独自テキストが使われています。

プログラミング講習

JavaScript等Webでよく使われる言語やJava、.NETついてなどプログラミング言語フレームワークついての講習が行われています。 こちらの講習独自テキストが使われています。


その他様々な講習会が行われています!